ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

iOS 7アップデートの前にやっておきたいこと 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhoneX iPhone8Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

iOS 7アップデートの前にやっておきたいこと

iOS 7リリースは日本時間19日未明か……アップデートの前にやっておきたいこと!


 iOS 7は、iOS 6からイメージを変えたフラットデザインが特長。画面下部からスクロールアップすることで呼び出せる「コントロールセンター」や、マルチタスキング機能、近くにいる人同士がP2P通信によってファイルのやり取りができるAirDrop機能に対応した。さらに、ライブエフェクトや正方形の写真撮影、時間や場所に応じたグループ分け、月別年別のサムネイル表示など「Photo」機能もバージョンアップする。

 iOS新バージョンの配布は、iOS 5、iOS 6と時差の関係で日本時間では翌日の午前2時頃から開始されていた。今回も例年通りならば、日本時間の19日2時頃の配布となるだろうとの見方が有力となっている。

 OSバージョンアップは、PC経由のほか端末本体のみでも行える。ただOSのメジャーアップデートの場合は時間がかかることが予想されるほか、トラブルが起こる場合もある。バックアップをきちんと行っておくためにもPC経由(自動的にバックアップを行う)がお勧め。

 また、OSのアップデートとともにアプリやデータの最適化が行われる。これが非常に時間のかかる要因ともなるので、不要なアプリや音楽、写真、動画といったデータを端末から削除しておき、端末自体のデータ量を“軽く”しておくことなども推奨される。

 さらに一部のアプリはiOS 7では動作しないとの報告もある。リリースが始まったからといってすぐにアップデートしないで、どんなアプリが非対応なのかを見極め、2、3日経ってからアップデートするという方法もある。

 更新時間はデータ量や通信環境によって大きく違うが、従来では数時間かかるケースが多かった。アプリやデータの多い人は、就寝中などに行っておくといいだろう。配信開始とともに多くの情報がTwitterなどで流れる。こういった情報を勘案してアップデートを行ってほしい。



私も容量確保して充分対策していますが、実際にアップデートするのは数日様子を見てみます。

LINEなどのアプリに不具合がありそうとの噂があるし
5sではないので重たいという情報が
あればアップデートしない選択もあるかなと思っています。

でも魅力的な新機能のコントロールセンター、メニュー画面で画面を上にスワイプするだけで、機内モードへの切り替え、Wi-Fiのオン/オフ、ディスプレイの明るさの調整などが行えたり、逆に下にスワイプすると「通知センター」が表示。新着メールや、電話の不在着信、やるべきTo Doリストなどを確認できるのはいいね。

まあ殆どがアンドロイドでもう実施されているものが多いんでしょうが
そこができることが大きい。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。