ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

3社とも実質0円 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhoneX iPhone8Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3社とも実質0円

iPhone「5s」「5c」料金プラン出揃う

SankeiBiz 9月13日(金)21時3分配信

 KDDIとソフトバンクに加え、新たにNTTドコモからも発売されることが決まったiPhoneの新モデル「5s」と廉価版「5c」。米アップルの発表以降注目されていた国内携帯電話大手3社の端末価格や通信料金が13日、明らかになった。


 3社とも2年間継続利用の場合、端末価格が割り引きとなるプランを発表。ドコモは「5c」の16、32ギガモデルと「5s」の16ギガモデル、KDDIとソフトバンクは「5c」の16ギガモデル、「5s」の16ギガモデルが「実質0円」となる。

 料金プランは、「5s」の場合はドコモが基本6555円(基本使用料、ネット接続料、パケット定額料)から番号持ち運び制度(MNP)などを組み合わせ最大で5775円まで割り引かれるという。KDDIは、基本6755円(同)からiPhoneの契約増加に効果があった固定通信とセット割引「auスマートバリュー」を適用すると4820円で利用できる。 この「auスマートバリュー」は、提携事業者数200社を超え、世帯数80%をカバーするため、多くのユーザーがこの割引対象となる点も強みだ。ソフトバンクは基本6755円(同)からとなり、KDDIと同様に固定セット割り引きを適用すると4820円となる。

 新モデルへの変更を条件に旧モデルを買い取る下取り制度では、KDDIが「iPhone5」(64ギガモデル)の下取り価格を2万8000円相当とし、ドコモの2万ポイントを大きく上回った。ソフトバンクは「iPhone5」の下取りについては発表していない。KDDIは、「同4S」(64ギガバイト)の下取り価格でも1万9000円相当と、従来の1万4000円相当から5000円分を上積みしており、MNPで獲得した顧客の転出を防ぐ狙いがあるとみられる。

 5sと5cは、“プラチナバンド”と呼ばれる800MHz(メガヘルツ)帯のLTE(高速通信)に対応している。この周波数帯を使うことで、屋内やエレベーターの中まで電波が届き、より広範囲でつながる環境を作ることができる。

 国内ではKDDIとドコモがこの周波数帯でのLTEサービスを展開。総務省が公開している800MHz帯のLTE基地局免許許可数(8月3日時点)によると、KDDIが約3万1000局で、ドコモの2000局を大きく引き離している。こうした状況も購入に際して検討ポイントになりそうだ。

 3社はそれぞれ5cのみ13日午後4時から予約受け付けを開始した。5sと5cの20日の発売まであと1週間。三つどもえ競争のなか、今後、さらなる割引プランやキャンペーンが発表される可能性もある。引き続き各社の動向が注目される。



今回周波数の効率的利用でauが有利と言われていますが、
5でダメながら売れていたのですからプラスの影響もないと思います。

ドコモが取り扱いを初めますが、
auが取り扱いを始めた時のように
当初は問題がありなかなか評判は良くないでしょうが
1~2年でその差もなくなるでしょう。

結局3社とも同じような水準で販売することになるでしょうし
ブランド価値やイメージ、の方が影響が大きそうです。

ソフトバンクは白戸家CMで話題を作り
好感度をあげてきましたが、
他者も単発のCMではなく
ストーリー性のある構成をしたCMを意識しています。

auしかり、トヨタしかり。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。