ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

「社長が選ぶ今年の社長」2年連続でソフトバンク孫正義 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhoneX iPhone8Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「社長が選ぶ今年の社長」2年連続でソフトバンク孫正義

産業能率大学が15日発表した「社長が選ぶ今年の社長2011」のトップに、ソフトバンクの孫正義社長が昨年に引き続き2年連続で選ばれた。「既存の枠を超えた思想の基に未来の企業像を考えている」(情報サービズ業)、「カリスマ性と庶民性がある」(土木・建築業)などと評価された。

 2位は10月に死去した元米アップルCEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏で、3位はカジュアル衣料チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長。ジョブズ氏には「次々と凡人には思いもよらないアイデアが浮かぶ」(出版・印刷業)、柳井氏には「海外事業を展開するスピードがすごい」(製造業)といった理由が挙げられた。

 横浜ベイスターズの買収で球界に参入したディー・エヌ・エーの守安功社長が7位、損失隠し問題で揺れるオリンパスのマイケル・ウッドフォード元社長が8位に、それぞれ初めて10位以内にランクインした。

 同大学が11月25日~12月5日の期間、従業員数10人以上の企業経営者541人を対象に調査した。有効回答数は456件。

 同時に実施した、「来年注目する会社」に対する回答では、オリンパスが「失墜した信用をいかにして取り戻せるか」(製造業社長)などとトップ。2位にソフトバンク、3位トヨタ自動車と続き、東京電力も7位に入った。



1位から3位は経営者同士も近い関係のようです。

孫さんとスティーブ・ジョブズはiPhoneでお付き合いのある関係だったし、柳井正さんはソフトバンクの社外取締役をしています。

注目されていませんが、日本電産の永守さんがもっと上位にいてもいいんじゃないとか個人的にはおもいますが、オリンパスなどが顔を出しているのを見ると、やはり露出が多いと順位が上がっているんですね。
[ 2011/12/18 13:04 ] 政治経済ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。