ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

auもiPadの販売検討おそらくiPad3から投入するでしょう 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhone7 iPhone7Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

auもiPadの販売検討おそらくiPad3から投入するでしょう

KDDIの田中孝司社長は15日、ロイターとのインタビューで、500万台超としている2012年3月期のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)販売目標に対して「オンラインで(計画通り)進んでいる」と述べ、現時点では達成可能との見通しを示した。

また、米アップルのタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の販売も検討していることを示唆した。

スマホの販売については、10月14日に初めて販売を開始した米アップルの「iPhone(アイフォーン)4S」や米グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載した端末の売れ行きがともに好調だとしている。アイフォーン4Sの投入により、アンドロイド端末の販売が減るのではとの見方もあったが、田中社長は「今のところカニバリ(食い合い)はしていない」といい、「もっとカニバリすると思っていたが、実際はしないんだなという発見があった」と述べた。

アイフォーン販売はこれまでソフトバンク<9984.T>が独占しており、KDDIは今回、初参入となる。KDDIはアイフォーン4Sのデータ通信料を月定額4980円(税込み)とし、ソフトバンクの料金より570円高く設定したが、顧客からは「高いなりの理解をいただけている」とし、同社の調査では80数パーセントの顧客がネットワークの良さに満足していると指摘、今後も価格競争をするつもりはないとの意向を示した。

<iPadの販売も検討>

田中社長はまた、米アップルのタブレット型端末「iPad(アイパッド)」について「興味がある」とし、「品ぞろえとしてあったらいい」との考えを示した。販売に向けた交渉状況など詳細については「ノーコメント」として明言を避けたが、来期から推進する3M戦略に「必要なデバイスだと思っている」と述べ、来期以降の投入を検討していることを示唆した。



iPhoneの販売ができるのであれば、iPadもauからいずれは出るんでしょうね。

iPhone4Sから取り扱ったことを考えると、3月頃に出ると噂されているiPad3を販売するのでしょう。

ソフトバンクもそれを見越しているのか、iPad2の販促キャンペーンがものすごいです。

iPhoneとのセット販売のようにできる限り数をさばいている感じがします。

まあソフトバンクは心配しなくても、auはiPhone同様価格競争は仕掛けてこない気もします。

結局、アップル端末はソフトバンクという構図はあまり変わらないのかもしれません。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。