ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

au版iphone4Sの対応周波数帯800メガヘルツ帯 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhone7 iPhone7Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

au版iphone4Sの対応周波数帯800メガヘルツ帯

ギガジンで気になる記事を見つけたので。

ちなみにKDDI版iPhone 4Sは2012年7月24日に停波される旧800MHz帯の周波数をサポートしていないため、エリア面に不安を抱くユーザーも出てきそうですが、KDDI広報部に問い合わせたところ、「すでに旧800MHz帯をサポートしていない『HTC EVO WiMAX ISW11HT』を発売していますが、実用上ほぼ問題無いことが分かっています」と回答しています。

・家電量販店の販売現場では「KDDI版iPhone 4SにNTTドコモやソフトバンクモバイルユーザーから問い合わせが来ている」という声も
なお、編集部で家電量販店の携帯電話コーナーのスタッフにヒアリングしてみたところ、KDDI版iPhone 4Sが気になるのはauユーザーだけにとどまらず、「NTTドコモやソフトバンクモバイルのユーザーから問い合わせが来ている」ということでした。

このような事態となっている背景として、国内最大エリアを誇るNTTドコモユーザーは「どうせキャリアを変えてエリアが狭くなるのであれば、少しでもエリアが広い方がいい」と考え、そしてソフトバンクモバイルユーザーは「もっとエリアが広くなるのであればKDDI版が気になる」と考えたことが挙げられるとのこと。



まあそれでも新800MHzに加えて2GHzにも対応している上に、auはスマートフォン割合が他社に比べて低いので、トラフィックも余裕があるでしょう。

実際に発売されてから、au版iPhone4Sの利用者の判断しだいですね。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。