ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

光クラブ山崎晃嗣 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhoneX iPhone8Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

光クラブ山崎晃嗣

昭和のライブドア事件"落ちた偶像~光クラブ事件◇戦後間もない日本で時代の寵児としてもてはやされながら1年で破たんし、死を選んだ学生実業家、山崎晃嗣を萩原聖人出演のドキュメンタリードラマで紹介する。山崎は東大在学中に金融会社、光クラブを設立し、高金利の配当を約束して出資者を募集。中小企業や商店主を相手に法外な金利で貸し付け、瞬く間に大金を集めて会社を大きく発展させた。ところが、法定利息を超過していたため、出資法違反で逮捕される。不起訴になったものの、顧客の信用を失って業績は悪化。山崎は駄じゃれを書き散らした遺書を残して自殺した。



光クラブのことは、評論家の宮崎さんが以前少し語っていたことで興味がありましたが、予想以上に面白かったです。

表面的には、いつの時代も法律すれすれが一番儲かると思い知らされそうです。ホリエモンにしても、山崎晃嗣にしても派手に活動することでマスコミを利用し業績を拡大する路線ですが、結局お国に目をつけられ終焉。どちらも損するのは個人で、マスコミだけが利を得る状況は変わらない様子。

こうした番組は勉強になるので大いに放送してほしいものです。ホストや風俗嬢の特集ではなく!!!

真説 光クラブ事件 ―東大生はなぜヤミ金融屋になったのか― 真説 光クラブ事件 ―東大生はなぜヤミ金融屋になったのか―
保阪 正康 (2004/11/19)
角川書店

この商品の詳細を見る

[ 2006/06/28 23:49 ] テレビ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。