ツイッター2chはてなブックマークで情報収集

オニールの成長株発掘法<第一部> 情報収集のチェックするサイトは、ツイッター・2ちゃんねる・はてなブックマークを巡回。ギガジン・ギズモード・日経トレンディも。

→オンラインショップで「新しいiPhone7 iPhone7Plus」をチェック!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オニールの成長株発掘法<第一部>

「マーケットの魔術師」として名高く、40年にわたり株式相場で成功を収めてきたウィリアム・オニールが、現在、そして将来の投資家たちにむけて成長株を発掘するための独自のノウハウを公開。本書は全米で100万部突破の大ベストセラーの日本語翻訳版である。

本書で紹介されるオニール独自の投資法「CAN-SLIM」(キャン・スリム)は、1953年から1993年までに最も優れた値動きを示した株式500銘柄のデータを分析して導かれたもの。

著者が、世界の大手機関投資家に情報提供をしている投資調査会社を経営していることからもわかるように、この投資法は、緻密なデータに基づき極めて専門的かつ論理的に検証されている。その具体的な銘柄選定においては「過去4、5年にわたって福利ベースで毎年25~50%、あるいは10%以上の年間収益倍加率を実現してきた企業」「株価が取得原価を7、8%下回った場合、無条件に損切りすべきである」というように、判断基準が明確にされていてわかりやすい。


序文
第一部 勝つシステム――CAN-SLIM
 まえがき――超成長株から学ぶ
 第1章 C(Current Quarterly Earnings Per Share=当期四半期の一株当たり利益)
 第2章 A(Annual Earnings Increases=年間の収益増加)
 第3章 N(New Products, New Management, New Highs=新製品、新経営陣、新高値)
 第4章 S(Supply and Demand:Small Capitalization Plus Big Volume Demand=株式の需要と供給)
 第5章 L(Leader or Laggard=主導銘柄か、停滞銘柄か)
 第6章 I(Institutional Sponsorship=機関投資家による保有
 第7章 M(Market Direction=株式市場の動向)




ウィリアム・オニールは、マーケットの魔術師でも紹介されているベテランの投資家で、保有資産が2億ドルを超えるニュー・USA・ミューチュアル・ファンドを創設できるほどの成功者です。

基本的にファンダメンタルズ投資ですが、後半ではチャートを使ったタイミングについても説明されています。第一部では、キャン・スリム投資法(CANSLIM)という手法を公開していて、これがこの本の最も重要な部分です。

C=Current Quarterly Earnings-当期4半期の1株当たり利益
前年同期比で20~50%以上の増益がある銘柄。

A=Annual Earnings Increases-年間の収益増加
過去5年間にわたって1株あたりの利益が増加している銘柄。

N=New Products,New Management,New Highs- 新製品、新経営陣、新高値
これはそのままですね。こうした環境を備えている銘柄。

S=Supply and Demand-株式の需要と供給
発行済み株式数が少ない銘柄。(個人的には時価総額の少ない銘柄と解釈している)

L=Leader or Laggard-主導銘柄か、停滞銘柄か
マーケットや同業他社の株価に引っ張られる共振株ではなく、主導株を探す。

I=Institutional Sponsorship-機関投資家による保有
大きな需要という観点で、過剰でない程に保有している数社の機関投資家が株主になっている銘柄。

M=Market Direction-株式市場の動向
毎日のマーケットを把握し、相場の転換点を見る。



個人的には『C』『A』『S』の条件が揃っている銘柄が好きです(基本的に見つけやすい)。『N』はめったに出会えない(見出せない?)ので難しいです。『M』に関しては素人としてはかなり難しいように思います。

PERの高い銘柄が、割高とは言えないというのは結構新鮮でした。PER200倍でもその後株価が3倍になる銘柄もあるとのことです。




[ 2007/05/02 22:51 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。